2018年4月26日木曜日

道南の松前町は25日、ソメイヨシノの開花を宣言し、北海道に桜前線が上陸しました。 — 北海道新聞 / 平年より5日早く開花したソメイヨシノ=25日午前、北海道松前町の松前公園(松前町提供)





「『草枕』の那美と辛亥革命」(安住恭子 白水社)編年体ノート18 (明治38年)

片瀬西浜海岸
*
明治38年
漱石『一夜』
『草枕』の1年前、明治38年7月に書かれ、9月1日発行の『中央公論』に発表された短編。

ある6月の梅雨の夜、一つの座敷に3人の男女がいる。1人は「髯のある男」、1人は「髯貯えぬ丸顔の男」、もう1人は「女」。「髯のある男」は床柱にもたれ、「美しき多くの人の、美しき多くの夢を…」と詩句をひねり、つづきを思案している。「丸顔の男」は縁側で「描けども成らず、描けども成らず」などと笑いながら彼をからかう。白地の浴衣の「女」は、「画家ならば絵にもしましょ。女ならば絹を枠に張って、縫いにとりましょ」とつぶやく。再び「髯の男」が、「美しき多くの人の、美しき多くの夢を…」と吟ずると、「女」は「縫いにやとらん。縫いとらば誰に贈らん。贈らん誰に」といい、「丸顔の男」が「我に贈れ」とまた笑う。そんな始まりで、「髯のある男」と「女」とのあいだに、なにやら曰く言いがたい空気が流れ、「丸顔の男」はそれを知ってか知らずか、茶々を入れて喜んでいる。
「髯のある男」と「女」は、男の詩と夢の話題によりつつ、互いの心をのぞこうとするような、きわどい会話を続ける。けれどもそのつど、「丸顔の男」がらちもないことを言ったりして話はそれていく。2人の会話は何も実らないまま、「寝ましょか」となって、「夢の話しはつい中途で流れた。三人は思い思いに臥所に入る」。
あっけにとられるような幕切れ。

岩波文庫『倫敦塔 薤露行 他五編』の解説者江藤淳は『一夜』を「判じもの」という。
短編『一夜』が『草枕』の先行的作品であることは、早くから指摘されている。これを書いたのち、漱石の中で『草枕』の構想がふくらんだ。
芸術作品を創ろうとする男が、それに打ち込もうとするが、女にも心惹かれている。女とのやりとりは、作品への思考を深めたり、乱したりする。また、世間の俗事や俗情、虫などあれこれ入り込み、芸術はなかなか成就できない。そうして時は過ぎ、人生は終わっていく。
人との出会い、自然との出会い、人生において人は何事かを為し得るのか、など生と死を凝縮した小説で、3人の男女のある一夜で、そのことを象徴しようとした。

寝入ったあと、3人は、夢のことも詩のことも忘れ、自分が「髯のある男」であることも「髯のない男」であることも、「うつくしき眼と、うつくしき髪の主」であることも忘れた。

この小説の最後・・・・。

また思う百年は一年の如く、一年は一刻の如し。一刻を知れば正に人生を知る。〔略〕八畳の座敷に髯のある人と、髯のない人と、涼しき眼の女が会して、かくの如く一夜を過ごした。彼らの一夜を描いたのは彼らの生涯を描いたのである。
何故三人が落ち合った? それは知らぬ。三人は如何なる身分と素性と性格を有する? それも分からぬ。三人の言語動作を通じて一貫した事件が発展せぬ? 人生を書いたので小説をかいたのでないから仕方がない。なぜ三人とも一時に寝た? 三人とも一時に眠くなったからである。

漱石は、人生のある本質を凝縮する一刻をとらえようとして、この作品を書いた。
これは、「私の『草枕』は、この世間普通にいう小説とは全く反対の意味で書いたのである。唯一種の感じ - 美しい感じが読者の頭に残りさえすればよい。それ以外に何も特別な目的があるのではない。さればこそ、プロットも無なければ、事件の発展もない」(「余が『草枕』」)と同じである。

『吾輩は猫である』(「六」)で、漱石は『一夜』について触れている。
迷亭、寒月、東風らのたわいのないおしゃべり。寒月が新機軸の「俳劇」の脚本を披露したり、東風が奇妙な自作の詩を見せる。「これは少々僕には解しかねる」と主人が言うと、東風はすまして、「作った本人ですら質問を受けると返答に窮する事がよくあります。全くインスピレーションで書くので詩人はその他には何等の責任もないのです」と答え、自分の友人の「送籍」という男が書いた『一夜』の話題を出す。
「誰が読んでも朦朧として取り留めがつかないので、当人に逢って篤と主意のある所を糾して見たのですが、当人もそんな事は知らないよと云って取り合わないのです。全くその辺が詩人の特色かと思います」と、けむに巻く。
ここでは、俳句的非人情の芸術論をパロディとして展開しているが、明治38年夏頃の漱石がその主題を考えていたことを示している。

『一夜』の幾つかの文言、エピソードが、『草枕』にも登場する。
①髯のある男が語り出した詩句を、「縫いにやとらん」と女が語り、男は「どんな色で」と聞く。女、「絹買えば白き絹、糸買えば銀の糸、金の糸、消えなんとする虹の糸、夜と昼との界なる夕暮の糸、恋の色、恨みの色は無論ありましょ」と答える。この「虹の糸」は、『草枕』の「鋭い視線」のところに出てくる。視線を受けた画工が、自分とこの女との関係を「因果の細い糸」だと思ったときの、糸を修飾する言葉の一つである。

②「蚤も蚊も居ない国に行ったら、いいでしょう」と画工が言うのに対して、那美が、「そんな国があるなら、ここへ出して御覧なさい。さあ出して頂戴」という『草枕』でのやりとりは、『一夜』での詩と夢の話から、女が「せめて夢にでも美しき国へ行かねば」といい、「古き世に酔えるものなら嬉しかろ」とすねる会話の発展形ではないか。

③髯のある男が、詩と夢のイメージを拡げる。「百二十間の廻廊があって、百二十個の灯籠をつける。百二十間の廻廊に春の潮が寄せて・・・」と、海に沈む廻廊の話。「百二十間の廻廊に二百三十五枚の額が懸って、その二百三十二枚目の額に画いてある美人の・・・」と画中の美人をイメージし、「波さえ音もなき朧月夜に、ふと影がさしたと思えばいつの間にか動き出す。長く連なる廻廊を飛ぶにもあらず、踏むにもあらず、ただ影のままにて動く」と続く。海底で絵の中の美人が動く。
これは『草枕』で、那美が花嫁衣装を着て廊下を逍遥するシーンの、バリエーションだろう。『草枕』ではそれをリアルな現実でありながら、花曇りの夕暮れの中に現れた不思議な幻影のように描写していた。海の底ではないが、今しも雨が降るという夕暮れの「紫深き空の底」である。幽玄な空間の中を美しい女が静かに動くイメージは同じ。この『一夜』の水底の美女も、例のオフィーリアと重なる。

④『草枕』で画工がひねった漢詩「青春二三月」の最後の二句「蠨蛸掛不動、篆煙遶竹梁」を、『一夜』では髯のある男が、天井から糸を引いて降りてきた一匹の蜘蛛を見てつぶやく。

⑤『一夜』の座敷の床の間には、『草枕』の画工が泊まった部屋同様、若冲の軸が掛けられている。

⑥最後の「三人は思い思いに臥所に入る」という言葉は、画工が山道を歩きながら考える言葉を思わせる。東洋の詩歌は浮世から離れ、「別乾坤の功徳を建立している」として、陶淵明や王維の詩を引用する。「この乾坤の功徳は、『不如帰』や『金色夜叉』の功徳ではない。汽船、汽車、権利、義務、道徳、礼儀で疲れ果てた後、凡てを忘却してぐっすりと寝込むような功徳である」(一)。
『一夜』は、『草枕』の画工がめざした境地で終わっている。

『一夜』では、まだ髯のある男は見る人に徹していない。彼もまた女と同じように心をさまよわせている。詩を作りたいと思いつつ、女へと心が動く。しかも、そのような詩と心を、絵画的に表現にしようとしている。絵にすることで、その二つを美として昇華しようとしている。
『一夜』を書き上げて、漱石はそれを徹底させる方策として、画工という存在を作りだしたのではないか。

小天での漱石と山川と卓
著者は推測する。
『一夜』は、小天での漱石と山川と卓のひとときを核にして象徴的世界を膨らませた作品ではないか。「髯のある男」と「女」と「丸顔の、髯のない男」は、漱石と卓と山川の関係から生み出したイメージである。漱石は、3人のひとときをモチーフにすることで、俳句的小説を創る創り上げた。

最後の「三人は思い思いに臥所に入」ったというのは死の象徴でもあるだろう。男と女が出会い、秘かに思い合う。男はそこから芸術を生み出したいと考える。傍らには親しい友人がいる。男と女の心はふと触れあったり離れたりする。気持ちがすれちがったり、さまざまな障害が間に入る。そして芸術もなかなか成就しない。そして何事も遂げられないまま人生は終わる。

江藤淳は、この作品を「判じもの」といい、「文字通り謎のような作品で、作者が何をいおうとしているのかかならずしも判然としない」としながら、それを解く手がかりは、1人の女を囲む2人の男という構図から、漱石の「一連の姦通小説の中にあるはずだと思われる」という。『薤露行』『それから』『門』『行人』『明暗』に連なる「姦通小説」だという。
もしこの作品が姦通小説であるなら、「丸顔の男」と女が結婚しているとか、公然の恋人であるといい前提がなければならないが、この小説にはそれがない。女が「縫いとらば誰に贈らん」とつぶやくと、丸顔が「我に贈れ」と言う。女のつぶやきは髯の男に向かたものなのに、丸顔はそれを知りつつ知らぬふりで冗談を飛ばす。丸顔の男はピエロ的存在であり、1人の女を挟んで2人の男が対立する構図はない。

小宮豊隆は『漱石全集』(第2巻)解説で、『一夜』に描かれているのは、「漱石を貰ぬいて流れている、恋愛の神秘・心霊の感応の可能に対する信仰であった」という。
『一夜』の「髯のある男」と「女」とのやりとりは濃密である。恋に陥る寸前の、そしてそれを思い止まろうとする男と女の息づまるようななまなましさは類をみない。
縫いとりの色を男に聞かれて、「虹の糸」などと並べたあと、「『恋の色、恨みの色は無論いりましょ』と女は眼をあげて床柱の方を見る」。床柱には男が寄りかかっている。その時の女の目は、「愁いを溶いて練り上げし珠の、烈しき火には堪えぬほどに涼しい。愁いの色は昔から黒である」。
世の中は汚れているといったやりとりのあと、ふいにほととぎすの声が聞こえる。男がそれを喜んで、「一声でほととぎすだと覚る。二声で好い声だと思うた」と言うと、「ひと目見てすぐ惚れるのも、そんな事でしょか」と女が、「別に恥ずかしという気色も見えぬ」風情で問う。それに対し男は、「多年の努力もわずかなことで失敗する」ということわざを引いて、「思う人には逢わぬがましだろ」とかわす。女は追求する。「しかし鉄片が磁石に逢うたら?」とさらに問う。男は、「見た事も聞いた事もないに、これだなと認識するのが不思議だ」と答える。ひと目惚れってあるよね、と女が聞いたことに対し、ある、と彼は答えた。
互いに一目で好きになったことを、女は確認したがっている。男はかわそうとしつつ、かわしきれない。ほととぎすをはさんだそのやりとりに、丸顔の男も何かと口をはさむが、2人は彼の言葉など聞いていない。

著者は、女の直情な「別に恥ずかしという気色も見えぬ」姿に卓を見、それに思わず答える男に漱石を見る。

(つづく)

夏目漱石『一夜』(青空文庫)






ドイツ軍はナチスの教訓から、「議会の軍隊」と言われるほど議会によるシビリアンコントロールと情報公開を重視している。防衛監察を行う機関も日本のように防衛省内に置くのではなく、議会に設置し強い権限を与えている。(20150905報道ステーション)





--------------------

南スーダン証言、政府説明と落差 「部隊全滅 死を覚悟」 宿営地近くで銃撃戦 巻き込まれる恐れ 「国民に真実知って欲しい」 (北海道新聞) / 「戦争だった。部隊が全滅すると思った」「死ぬかもしれない」(京都新聞)






スポーツ界のスターたちが吐く、大阪弁のブンガク性(江弘毅 みんなのミシマガジン); 福本豊 西本幸雄 鈴木啓示 江夏豊 清原和博 井村雅代 / 藤浪晋太郎(阪神)に投げかけられる言葉の貧しさについて   




「A Higher Loyalty」の著者、元FBI長官のコーミー氏はトランプ大統領を痛烈に批判。対して大統領は「コーミーは歴史上最低のFBI長官だ」とツイートし、強烈なバトルに / BBCニュース - <動画>「あの人は周りに染みをつける」 コーミー前FBI長官、BBCに語る / 「トランプは危険な男で道徳的にも大統領に不適切。それどころかとてつもなく国益を損ねている」   














生命科学分野での世界の都市ランキング。 雇用創出順位:アジアの都市が上位にもあるが日本ゼロ。 金額:中国など上位だが日本ゼロ。 プロジェクト数:東京が下位に有った







マクロン仏大統領、トランプ大統領より英語が流暢。 "フランクリン・ルーズベルトが言ったように『恐れるべきものは何もない。私たちはただ恐れを恐れているだけ』""国粋主義が恐れを紛らわすのはほんの一瞬" "世界へのドアを閉じても、世界は前に進む事をやめません" / 追随とゴルフだけの安倍シンゾーとの違い (画像)握手だってこの違い      










原発裁判 東電元社員が旧経営陣の「時間稼ぎ」証言(テレ朝); 元社員は「震災前に津波を試算していたので、自分としては事故は想定外とは言い難い」と話しました / 東電強制起訴:津波対策先送りに「合理性」元社員が証言 - 毎日新聞 ; 一方で、原発事故時に到来した実際の津波については「15.7メートルという数値を知っていたので、『想定外』とは考えづらかった」と語った







-------------------------------------




皇居東御苑 雨に濡れたいちはつ 2018-04-25

4月25日、雨のちはれ
朝から予報通りの大荒れの天候
こういう日に限って東海道線が車両ドア故障とかでしばし運休、そのため横須賀線は超満員。

昼過ぎ、皇居へ散歩に出るときは霧雨だったが、すぐに雨は止んだ。
昨日の皇居散歩で”いちはつ”を見なかったので、今日はそれを見に行った。
皇宮警察のお巡りさんも今日はヒマそう。

雨に濡れたいちはつ、予想通りなかなかいいね。


Satoshi Tsukadaさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -



▼昨日のカキツバタ
Satoshi Tsukadaさん(@satoshi5089)がシェアした投稿 -



2018年4月23日月曜日

爆死案件が続々「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた(現代ビジネス); 投資事業で44億円の損失 中身の薄い官製”クール” 低空飛行の海外放送事業 アグリージャパンとならぬように    


長尾・自民衆院議員:女性議員らに「セクハラ縁遠い」 投稿炎上(毎日新聞) / 長尾敬氏が謝罪。女性議員について「セクハラとは縁遠い方々」とブログに書き込む(ハフポスト日本版)









--------------------------








拉致被害者集会で異変 安倍首相に「もう帰るのか」とヤジ(日刊ゲンダイ);「政務」のため先に退席したはずの安倍首相は、私邸に直行。訪問客もなかった










桜を見る会 テレビ東京だけ昭恵夫人に突撃インタビュー 記者「昭恵さん、森友問題について国民に説明する考えは? 財務省の改ざんは? 籠池さんに言いたいことは?」 昭恵「…」(聞こえないふり)        






麻生財務相「5年前より悪いのは運ない」→賃金も消費も最低、富裕層40人が全世帯の資産の半分を独占 アベノミクスで自民献金が激増(BLOGOS)


安倍内閣支持率は第2次以降最低に ANN世論調査 ; 支持率29% 不支持率55% 安倍政権「今年9月の自民党総裁選まで」38% 「すぐに辞めてほしい」23%(約6割が早期退陣) 麻生財務大臣「大臣を辞める必要がある」51%





下村元文科相がセクハラ告発したテレ朝女性社員を「ある意味で犯罪」と批判 音声公開(AERA dot.編集部) / 下村氏「メディアは日本国家つぶす」と発言(共同) ← 下村、例の200万円の説明もまだだよね / 【セクハラ被害者を「犯罪者」呼ばわりの仰天】加計疑惑で真っ黒 下村元文科相こそ〝犯罪者〟じゃないか 200万円の闇献金疑惑もウヤムヤ




















2018年4月21日土曜日

鎌倉 片瀬東浜の夕景 シルエット富士山 2018-04-21

4月21日、はれ
昨日、同期のSさんから久々呑みに行こうとお誘い。
このところやや予定不安定なので、明日(つまり今日)にしませんかと提案したら、
そうしようということになって、今日、大船で昼呑み。

いつもなら暗くなるまでグダグダと呑むんだけど、早々に切り上げてモノレールに乗って江ノ島にでかけた。
大橋を渡って海辺に出たり、東浜で一休みして、そのあと西浜で突堤の先端まで行ったり.....とかしているうちにいい感じの夕景になってきた。








麻生太郎(記者に囲まれて)「(セクハラの話よりも)先にG7の話を」 ← G20にいるんじゃないの? ← ホント、もうオシマイ! (動画) ヘタなイヤミだけはしっかり言ってる







激動の東アジア情勢 日本はこんな事に ; ポンペオCIA長官が数週間前に北朝鮮を極秘訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長と会談していた。 文大統領も習主席もトランプ大統領も金正恩委員長と会談し、プーチン大統領は太いパイプで結ばれてる。 国費を無駄にばら蒔きながら、地球クルクル回ったあげく、日本はこんな事に。



▼どんどん動いてるのに、相変わらず「最大限の圧力」ばっかり










【特集】彼女は反省する必要などあるのか 財務事務次官のセクハラ疑惑 | 2018/4/20 - (共同通信文化部編集委員・田村文) ; そもそもこの録音データは「取材活動で得た情報」と言えるのか。








2018年4月20日金曜日

辻元国対委員長 「安倍総理そのものが『ウミの親』じゃないですか?」 / 安倍政権下で多発する疑惑や不祥事。国会で取り上げられた主要なものだけでも三ヶ月で13件。勿論これも異常事態だが閣僚の誰一人として他人事のように責任を取らないのも異常。更に異常なのは膿の生みの親である安倍首相が最高責任者として責任も取らずに平然と居座っていること



----------------------






光州事件をテーマにした韓国映画2作品(予告編) ; 『タクシー運転手~約束は海を越えて~』 『光州5・18』












加計問題で新たなメール ; 内閣府職員「自分がメール送信したと思う」 / 2015年4月2日、愛媛県職員らは午前に内閣府の藤原次長、午後に柳瀬首相秘書官に面会。両アポの間の昼過ぎ、内閣府職員から文科省に面談内容を報告するメールが届く。それは柳瀬氏との面会予定も告げていた。藤原氏は面会を認め、注目は柳瀬氏の「記憶」に.....。 / このメールの重要な部分は、「先方」として加計学園が愛媛県や今治市よりも上にあること。さらに下の方には、「加計学園が藤原次長に面会」と記載があること。即ち、面会の主体は加計学園で、愛媛県と今治市は随行だったことが分かる。



















-------------------------


---------------------------------


















2018年4月19日木曜日

神奈川県 大船フラワーセンター いちはつ やぐるまぎく きもっこうばら ふじ 新緑 ひとつばたご(なんじゃもんじゃの木) 2018-04-19

4月19日、はれ
今日は会社お休み。
このところずっと出勤だったので、ま、ええやろってワケ。
といっても、クリティカルなタイミングなんで、メールのやりとりはあったね。

いえね、長いこと勤め人やってるけどホント、トラブルメイカーっているんだな、とつくづく思う今日このごろですよ。
ワタクシ的な内部符丁では”困ったちゃん”とよんでるんだけど、そのヒト、悪いヒトじゃないんだけど、肝心な時にエクスキューズとエスケープなんだね。

冗談抜きで、昨夜はコレ(↓)聴いてた。


で、気分一新、今日は4/1にリニューアルオープンした大船フラワーセンターに行った。
これで三度目。
なかなか腕は上がらないけど、インスタ素材、たっぷり仕入れたのでほぼ満足。

バンゴハンは今年二度目のホタルイカとタケノコ。
やっぱりこの季節はこれだよね。
タケノコは京都長岡の.....というわけにはいかないが、ご近所からの頂き物。
わが庭の山椒も添えて。
お酒は、青森の桃川。
LINEに写真上げたら、次男から早速グゥが来た。
いつも反応の早い長男からはまだ来ない。今日、飲み会かな。









財務省は戦々恐々…矢野官房長に囁かれる“次のセクハラ”(日刊ゲンダイ); 女性記者「酔っぱらって体に寄りかかってくることはしばしば」 / 矢野財務省大臣官房長、火に油を注ぐ ; 被害女性、名乗り出るのは「そんなに苦痛?」←福田は記者を呼び出したんだから、名乗り出ろと言わなくても判ってたんだろう! / 「加害側、加害側とおっしゃいますが、福田がはたして加害側かということに、疑義があるのです!」



---------------------






























----------------------------